ラダー軌道|事業内容|清田軌道工業株式会社

事業内容

事業内容BUSINESS

ホーム  >  事業内容  >  ラダー軌道

ラダー軌道システム「保守省力化・優れた環境性能」

ラダー軌道は、財団法人 鉄道総合技術研究所(現、公益財団法人 鉄道総合技術研究所)が開発した、2本のプレストレストコンクリート製の縦梁を、軌間保持用の鋼管製継材で剛結したはしご(Ladder)状の縦マクラギ「ラダーマクラギ」を用いた軌道構造です。

ラダー軌道は、保守省力化・優れた環境性能を有する、21世紀に相応しい軌道構造です。
ラダーマクラギの販売から施工方法や関連システムのご提案、施工機材の開発まで、トータルなサービスをご提供しております。

ラダー軌道の種類


- 保守省力化効果が期待できる -

バラスト・ラダー軌道

バラスト・ラダー軌道には、まくらぎ端部の沈下対策として端部閉合梁があり、バラスト上に直接敷設する「防振材なし」と、まくらぎ下面にマクラギパッドを貼付けた「防振材付き」とがあります。

イメージ

イメージ

- 環境性能に優れた -

フローティング・ラダー軌道

フローティング・ラダー軌道には、防振材の違いにより、ゴム製の防振装置を用いた『防振装置式』と、ポリウレタン防振材を用いた『防振材式』があります。また、防振材式には、台座の方式により、L形コンクリート台座を用いた『L形台座式』と、ダクタイル台座を用いた『ダクタイル台座式』とがあります。

防振装置式フローティング・ラダー軌道

イメージ

イメージ

L形台座式フローティング・ラダー軌道

イメージ

イメージ

ダクタイル台座式フローティング・ラダー軌道

イメージ

イメージ

敷設事例

イメージ

バラスト・ラダー軌道

  • CLIENT神戸電鉄株式会社
  •  AREA 有馬線 花山~大池駅間

イメージ

防振装置式フローティング・ラダー軌道

  • CLIENT南海電気鉄道株式会社
  •  AREA 南海本線 泉佐野駅構内

イメージ

L形台座式フローティング・ラダー軌道

  • CLIENT南海電気鉄道株式会社
  •  AREA 空港線 泉佐野~りんくうタウン駅間

イメージ

L形台座式フローティング・ラダー軌道
(伸縮継目用)

  • CLIENT南海電気鉄道株式会社
  •  AREA 南海本線 泉大津~忠岡駅間

イメージ

横圧支持金具方式
フローティング・ラダー軌道

  • CLIENT京阪電気鉄道株式会社
  •  AREA 京阪本線 天満橋~京橋駅間

イメージ

継目用ラダーマクラギ

  • CLIENT神戸電鉄株式会社
  •  AREA 粟生線 藍那~川池信号場

イメージ

自走式運搬台車を用いたラダーマクラギ据付作業

イメージ

中型山越器を用いたラダーマクラギ据付作業


実績

鉄道名施工・納入実績(単m)
神戸電鉄 295
首都圏新都市鉄道 500
南海電気鉄道 6,072
京阪電気鉄道 765
近畿日本鉄道 149
神戸市 81
名古屋鉄道 194
阪堺電気軌道 13
京浜急行電鉄 1,062
神戸高速鉄道 404
阪急電鉄 38
名古屋市 36
北大阪急行電鉄 4
阪神電気鉄道 36
合計 9,649

ラダー軌道に関するリンク先

事業内容