事業内容

ホーム  >  事業内容  >  軌道工事

事業内容

「信用第一」=「お客様第一」=「安全第一」×「技術第一」

当社は 軌道に関する専門業者として「信用第一」=「お客様第一」=「安全第一」×「技術第一」をモットーに世界一を目指して日夜研鑽し、京阪中之島線新設工事や阪神なんば線新設工事の軌道敷設工事などを手掛けてまいりました。
新しく線路を敷設する工事はもちろん、既存の軌道改良や補修工事などを承っております。また、ラダー軌道、スラブ軌道及び弾性直結軌道など、各種省力化軌道工事の他、周辺の景観に合わせた併用軌道も施工しております。

軌道工事の内容

イメージ
新線工事

まだ列車が通らない場所に、まくらぎ1本ずつ何千本と敷き並べ、レールを1本ずつ数キロメートルまで延ばし、設計図通りに1ミリメートルまで追求します。


イメージ
切替工事

最終列車通過後、翌朝始発時間までの限られた時間内に、新しい線路へ人の力で現在の軌道を移設します。数え切れない経験と実績を誇ります。


イメージ
分岐器交換

十数トンもある分岐器を一気に運び入れ全交換することも、まくらぎ1本、レール1本ずつの交換など現地の状況に応じて最善の工法と機器を選択しています。


イメージ
補修作業

列車が毎日安全に運行するため厳寒・酷暑、昼夜を問わず軌道を維持しています。地道ですが基本の作業を継続しています。

イメージ
併用軌道

増々注目されるLRTなど、道路と軌道を併用して使用する併用軌道も独自の工法で得意としています。

イメージ
港湾関係レール更換

船からコンテナの荷卸しに使用する、巨大なガントリークレーンを支える特殊軌道の新設、補修工事を施工しています。


当社が手がけた主な省力化軌道の種類

イメージ
- スラブ軌道 -

路盤上にコンクリート板軌道スラブを据え付け、路盤とスラブ板の隙間にCAモルタルを注入した構造

イメージ
- 弾性直結軌道 -

スラブ軌道の保守省力化と砕石道床並みの騒音低減を目的に、マクラギに防振装置を取付て軌きょうを組み、コンクリートを現場打設した構造

イメージ
- ラダー軌道 -

PCコンクリート製縦梁と鋼管製継材から成る、はしご状の縦マクラギを敷設した構造

ラダー軌道詳細を見る