企業情報

ホーム  >  企業情報  >  ごあいさつ

企業情報

ごあいさつMESSAGE

路に付随するいろんな課題や問題をひとつずつ軌道に乗せていきたい

ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

弊社の社名にある「軌道」とは、専門的にはレール、マクラギ及びこれらを支える道床(砕石やコンクリートなど)から成る、「線路」の主要部分のことを言います。

弊社は設立以来、『軌道工事』の専門業者として、軌道の新設・改良・保守に伴う幅広い工種の軌道工事を担い続けてまいりました。スラブ軌道・弾性直結軌道・最新のラダー軌道など、常に新しい軌道構造にいち早く精通するとともに、最近では工事のみならず、ラダーマクラギや各種の軌道関連材料の販売も手がけています。

また、設立初期より、線路と道路の交差点であり、列車と自動車や歩行者、双方向の安全・安定通行が求められる『踏切』の舗装に着眼し、独自の研究開発と特許取得を重ねてまいりました。コンクリート製ブロックを配列する剛質構造、鋼管を内蔵したゴムパネルによるKG式弾性構造、リサイクルゴムチップ製パネルのKF式弾性構造など、多彩な清田式踏切のラインアップをご用意し、日々それらの改良に努めつつ、踏切道の計画・設計から製造・販売、そして施工まで、トータルサービスをご提供しています。

さらに近年では、軌道の維持管理分野におけるIT化やアウトソーシング化の時勢に先駆け、ハイテク機器を用いたレール探傷や軌道変位検測などの各種『軌道検査』業務や、検測機器の販売にも取り組んでいます。

一方、軌道下への上下水道などの管路推進工事から始めた『土木工事』も、鉄道関連土木構造物の構築や補修(耐震補強や断面保全等)から各種一般土木工事まで、着実に実績を積み重ねています。

こうして弊社は、専門工事業から独自の技術開発、そしてメンテナンス時代の先駆けへと、そのメニューを増やしながら、また、関西から中部・関東、そして全国へと、そのエリアを広げながら、事業を成長させてまいりました。今後は、日本からアジアを始めとする世界へも広がっていくことでしょう。これからも「技術を磨き、事業を拓く」を基本姿勢として、「挑み続ける技術者集団」であり続けたいと思います。

日本では「軌道に乗る」という言葉がよく使われますが、英語にも「on the rails」という、全く同じ発想で同じ意味の慣用句があります。このように「軌道」は「安全・安心・安定」の象徴であり代名詞でもあるのです。将来、この言葉が死語にならぬよう、今後とも裏方としての誇りを持ちながら、軌道の安全を支え続けてまいります。

軌道に関する専門技術を中核に据えつつ、線路や道路や管路など、様々な路(みち)に付随するいろいろな課題や問題を、ひとつずつ軌道に乗せていきたい、それが私たち清田軌道の目指す道です。

今後とも、

をモットーとして、さらなる研鑽を重ねてまいりますので、皆様方の忌憚の無いご意見・ご要望、そして一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 清田 穣