Members

INTERVIEW

現在の仕事内容を教えてください。

私は土木部に所属しており、持ち場があるときは、現場代理人・監理技術者として、官公庁との折衝や現場の指揮・管理、必要書類の作成を行っています。担当の持ち場が無いときは、本社で入札時の積算・見積および、計画案件の設計計画・見積等を作成しています。現場を任される立場になればなるほど、より大きなやりがいを持って取り組むことができます。

イメージ
入社前と入社後で、清田軌道工業に対するイメージは変わりましたか?

「清田軌道工業」という名前から、軌道関係の仕事だけのイメージで入社しましたが、軌道とは関わりのない一般土木の現場もあり、業務の幅広さに驚きました。会社全体としては軌道がメインではありますが、土木部は一般的な土木会社と変わらない仕事内容だと思います。様々な現場で経験が積めるのが魅力です。

“土木”という仕事はどんな仕事ですか?

土木は、建築以外のすべての工種を含んでいます。大型工事から小規模工事・橋梁・シールド・土地造成・構造物補修など、様々な工種があるので、現場が変わるごとに様々な知識を身につけていかなくてはなりません。また、現場管理は当たり前で、計画書、管理書類・積算・図面作成などの仕事もひとりで対応する力が必要で、大変な仕事です。だからこそ、工事が完成したときには、たまらなく達成感があります。何より、自分たちが造ったものが、長い年月に渡って何かを支えている。そういう満足感が得られる仕事だと誇りを持っています。

清田人一覧

プロフェッショナルで
あり続けること

もっと詳しくはこちらから


円滑な業務遂行の
進行役

もっと詳しくはこちらから


人々のライフラインを
支える仕事

もっと詳しくはこちらから


学ぶ立場から、
大きな戦力となれるように

もっと詳しくはこちらから


入社してから、
毎日が挑戦です!

もっと詳しくはこちらから


「今日も良い仕事ができた!」この達成感は、
他では味わえません!

もっと詳しくはこちらから


「新人だから」が通用しない、人々の暮らしを守る仕事

もっと詳しくはこちらから


自分の知らない、
新しい世界への挑戦

もっと詳しくはこちらから



About Work